保育士の女性のセフレ体験談

25歳の保育士のセフレ体験談を紹介します。
Aさんは子供が大好きで、仕事はやりがいがあるけれど、子どもの親とのやり取りや、労働環境などでストレスも感じる毎日です。
そして保育士という仕事柄、子どもと接するばかりで、仕事で出会いなんて一切ありません。
仕事が大変で、恋人を作っても恋人と過ごす時間が満足にとれそうもないので、今は恋人を作ろうとは思っていません。
ですが、時々誰かに愚痴を聞いてもらったり、ギュッと抱きしめてもらう事で癒されたいという気持ちはありました。

そしてそれなら疑似恋愛を楽しめるセフレを作ればいいのでは?と思い出会い系サイトを利用する事にしたのです。
出会い系サイトで知り合ったのは5歳年上の会社員の男性で、趣味がサーフィンという事で体育会系の鍛えられた肉体と日焼けした爽やかな笑顔の持ち主でした。メールでのやりとりも楽しかったので、実際に会う事にし、会う時も即ホテルという関係ではなく、恋人同士のように1日デートを楽しみました。
買い物をして、カラオケに行き、最後は雰囲気のいい居酒屋へ。
楽しかったので、Aさんはついついお酒を飲みすぎてしまいました。
1人で家に帰れずに、男性に家まで送ってもらいました。
男性は、送り狼にはならずに、家まで送ると、帰ろうとしましたが、Aさんの方からもう少し一緒にいたいと誘いました。
そうすると、男性は軽々とAさんをお姫様だっこをしてベッドまで運んでくれました。
セックスの最中も、まるで恋人同士のように、優しく抱いてくれたので、Aさんはかなり癒された気持ちになりました。
そしてその後も定期的に会うセフレ関係として、現在も関係は継続中です。